ニンテンドーDS 人気ソフト

カート |  ヘルプ
アクション ロールプレイング シミュレーション シューティング 音楽 スポーツ テーブル・カード パズル・クイズ 教育 その他 予約受付中 予約お知らせ
    1,500円以上で送料無料  一部大型商品を除く

サブカテゴリ
ニンテンドーDS
テーブル・カード

リンク
VideoGames
ニンテンドーDS
予約お知らせ
予約受付中
ロールプレイング
アクション
格闘
シミュレーション
シミュレーター
アドベンチャー
ノベル
シューティング
レース
アニメ・キャラクター
音楽
スポーツ
テーブル・カード
パズル・クイズ
麻雀・パチンコ・パチスロ・競馬
娯楽
教育
その他
廉価版

 

テーブル・カード

システムの関係上 カテゴリに関係ない商品が若干混じる可能性がありますご了承ください。
  アイテム一覧
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
遊戯王ファイブディーズ スターダスト アクセラレーター ワールドチャンピオンシップ2009 遊戯王デュエルモンスターズ NIGHTMARE TROUBADOUR(コナミザベスト) カルドセプトDS 高速カードバトル カードヒーロー 三国志大戦・天 アーケード出陣パック 同梱版 ナンプレ10000問 桃太郎電鉄DS TOKYO&JAPAN パズルシリーズVOL.9 SUDOKU2 Deluxe 三国志大戦・天(通常版) 甲虫王者ムシキング ~グレイテストチャンピオンへの道2~(「ムシキング・ジョニーマスターズカード」&「ムシキング研究所イケダ研究員特製シール」同梱)
遊戯王ファイブディーズ スター.. 遊戯王デュエルモンスターズ N.. カルドセプトDS 高速カードバトル カードヒーロ.. 三国志大戦・天 アーケード出陣.. ナンプレ10000問 桃太郎電鉄DS TOKYO&J.. パズルシリーズVOL.9 SU.. 三国志大戦・天(通常版) 甲虫王者ムシキング ~グレイテ..


遊戯王ファイブディーズ スターダスト アクセラレーター ワールドチャンピオンシップ2009

[ Video Game ]
遊戯王ファイブディーズ スターダスト アクセラレーター ワールドチャンピオンシップ2009

【コナミデジタルエンタテインメント】
Nintendo DS
発売日: 2009-03-26
参考価格: 5,250 円(税込)
販売価格: 4,238 円(税込)
遊戯王ファイブディーズ スターダスト アクセラレーター ワールドチャンピオンシップ2009
カスタマー平均評価:  4
なかなかに……
皆さんの言う通り難易度は高めですね(^^;それは良いのですが、CPUの考えてる時間が妙に長く感じて前作よりテンポが悪くなった気がします特にタッグの時は、考えるのに時間を喰う癖に味方CPUは馬鹿だし('Д`)でもまあ、ライデングデュエルが出来るのは中々良かったと思います次回作は、もっとスピーディーなデュエルが出来る作品を期待してます
時間かかる
皆さんがおっしゃるとおり難易度は高めですね…。 必須カードがそろってない序盤の段階でCPUは 奈落、激流層、ミラフォ、賄賂、神宣等の強力罠を容赦なく使ってくる。 アド取れると判断したら迷わず大嵐を使う(こちらの伏せが2枚、相手伏せ1枚の状況でも、相手の手札に大嵐があったら速攻使ってきます)。 たまにおまぬけなプレイングもしますが。一番酷かったのはトラゴエディアをアドバンス召還してきたときです。 プレイするとパワーカードの鬼畜さを堪能できます。ただクリアできれば非常に楽しいです。好きなデッキ組んでCPUをボコボコにしたり、トーナメントモードで大量にDP稼いだり…(レベル3を優勝すると3500くらいもらえます)。トーナメントを出すのにもまた時間がかかるのですが。 5D'sのメンバーとの絡みもあり、ストーリーモードも結構楽しめました。 正直マゾゲーの部類に入ると思いますが、OCGが本当に好きならお薦めします。
パワーインフレ
相変わらず、カード集めには苦労します。 途中で挫折してしまいそうなほどです。 肝心のゲームのほうですがDSしかやってないので実際のOCGはしりませんが、もう限界というくらいパワーインフレが起きています。 強力なカードが簡単に召喚できる。 過去のデッキに思い入れがあるという感じでは勝てないでしょう。 昔は融合を使って強力なカードを出していたのにいつの間にか星の数が同じならばすぐ強力なモンスターを召喚できるようになってたり等々・・。 おまけにそのカードが強い強い。 効果カードも強力なものが多く、通常モンスターではすぐけされるのが関の山。 原作っぽい展開とは全く違う感じになっていますね。 ブルーアイズが召喚されたときの脅威など、今はありません。 もう末期なのかな・・・。
意外と楽しいDホイールレーシング
毎年恒例のチャンピオンシップ2000?シリーズの最新作です。 カード総数は2800枚ほどで、キャラ設定はファイブディーズの世界観です。 アニメで登場したDホイールと呼ばれるバイクが、このゲームでも登場します。 パーツを買って組み合わせてカスタマイズし、コースを実際に走ることが出来るので、 ちょっとしたレースゲームが楽しめます。 このゲームの難易度ですが、従来のシリーズよりちょっと高めでしょうか。 何故なら、こちらの初期デッキに対して、相手のデッキが既に高レベルのデッキなので、 ほぼ苦戦を強いられるからです。 しかも、DPは勝っても200前後しか手に入りません(パックの値段は1パック150DP) 店に並ぶパックは、ほぼOCGと一緒ですが、出現条件がシビアです。 例えば、5?6人の相手にに3勝づつとか、トーナメントで5回優勝するとか、 こちらのデッキがなかなか強化できないのに、無茶な条件なのです。 このシリーズが出るたびに思うのですが、遊戯王はカードを集める事より、 デッキを構築してデュエルを楽しむ事にあるはず。 それなのに、開発側はわざとカードを集めにくいようにしているとしか思えません。 ゲームが中古屋に並ぶのを遅くしたいからでしょうが、この難易度では 余計にゲームを途中でやめてしまう人が多くなるのではないでしょうか。 事実、私もストーリー終盤でゲームが詰まりかけて、もう売ってしまおうかと思ったぐらいですから… ただ、カードの集めにくさ、DPの溜りにくさに目をつぶれば、今作は遊戯王DSゲームで 最高の出来なのは間違いありません。 もちろん、WiFi機能で、カードやデュエリストがDL出来たり、世界の人ともデュエルできます。 DS2008では無かったシンクロモンスターが導入されたので、戦略の幅が広がっていますし、 これを買った方は根気よく遊んでいただきたいです。
世界大会開催中
5D's初のDSソフトは今作からのシンクロ召喚・ライディングデュエルの演出も加わり、Wi-Fiコネクションを使っての対戦、全国各地での世界予選大会と多種多様に楽しめます。カードを集める予算に余裕がない学生でもゲームならDPを集めた分だけ購入でき、自身でレアカードを持っている方はパスワードとDPで好きなカードをデッキに入れられます。ただパックの出現条件が厳しいものが多いので根気よくプレイする+攻略する必要はありますが、どんな方でも楽しめる優れたソフトだとおもうので評価は5で。現在開催中の世界大会もどんな方が勝ち進んでくるのか楽しみです。個人的にはゲームなのでちびっ子たちにぜひ頑張ってもらいたい!もちろん日本の方にも(笑

遊戯王デュエルモンスターズ NIGHTMARE TROUBADOUR(コナミザベスト)

[ Video Game ]
遊戯王デュエルモンスターズ NIGHTMARE TROUBADOUR(コナミザベスト)

【コナミデジタルエンタテインメント】
Nintendo DS
発売日: 2006-06-29
参考価格: 2,940 円(税込)
販売価格: 2,646 円(税込)
遊戯王デュエルモンスターズ NIGHTMARE TROUBADOUR(コナミザベスト)
カスタマー平均評価:  4
遊戯王を知らない初心者でも楽しめてハマれます。
遊戯王はマンガもアニメもろくすっぽ見ておらず、今頃評判を聞いて DMに興味持ちました。 普段頭を使うようなゲームをしていないだけに、ルールを把握できるかどうか 根本的な部分から心配でしたが、そのへんのノウハウをフォローしてくれる部分も キチンと用意されているので安心です。 ルールを覚えたら、キャラクターと徐々に対戦してコツを覚えていくわけですが なかなかハラハラさせてくれます。 自分のクセを見抜かれているようでw 星4の理由としては、戦える相手や場所が少ない、狭い点でしょうか。 相手のクセ、パターンを覚えるとちょっとマンネリ気味になりました。 とはいえ、油断できないのがこのゲームの良いところなんですが。 カードも持っておらず、対戦相手も周りにいないので、こういったゲームは助かります。
これは…なかなか……
最初はどうかな?と思いましたが、実際の遊戯王オフィシャルカードゲームのルールと同じなので、実際にカードゲームやりたいけど、金かかるし今更やるのもなぁ(^_^;)なんて方にはオススメです(^O^)最近のGXよりも初期の遊戯王が好きであればそれなりに楽しめます。が、制限や禁止カード、カードの種類などは若干今と異なっているので注意が必要です。遊戯王カードが好きならサクサクいけると思いますよ(≧▽≦)ゞ
面白い
遊戯王ゲームはGB版の頃からプレイしてきましたがコレが一番面白いです 新しいGX(?)の遊戯王は好きではなく、遊戯や海馬のでる旧遊戯王が好きなので買いました 恐らく旧遊戯王の最初で最後のDS作品でしょう。 収録されているカードの枚数は千枚程度でGBA版が800枚だったのでぶっちゃけあまり変わりません しかしその分イラストが美麗になっており、一部のモンスター(ブラマジやブルーアイズ)は 召還した時に特殊なエフェクトがかかるなど手の込んだ仕様 ルールが本格的でその分相手が強い。しかしGBA版の時のように訳のわからないコンボで強いのではなく 純粋に強いのでかなり楽しめます。特に闇遊戯、海馬、マリクの3人は全クリして最強デッキ作れても戦うとかなり手ごわい ドロー運がないと負ける時もあるほど。割と原作のカードが入っていたので各キャラのデッキ作れたり出来て○ ただ、やはり弱い相手はどこまでも弱い。序盤の練習用なのは分かるけど全クリしたら強くなるとかあってもよかったのでは? 飽きそうに思えてそうでもないのがこのゲーム。結局一番稼動したのがこの作品 久しぶりにやってもかなりハマれる!
悪くはないが
いまさらカードを買うのもどうかなと思っていてこのゲームを買ったが、まあまあのおもしろさではある。 タッチペンで操作するので、デュエルはしやすい。 また、公式ルールが学べるので、それほど詳しくなくとも遊び始めることが出来る。 ゲームの中身はもう少し改善されてもいいか。 デュエルをしてレベルアップさせていかないとストーリーが進まなければ、新しいカードも入手できない。 いちいちCPUをタッチペンで探して戦う必要がありこれが面倒であろうか。さらに、強制戦闘で負けるとゲームオーバーになる闇のゲームがあったりと。 この手のゲームとして宿命なのか、初期デッキが弱く、それに関わらず対戦相手が強力なカードを容赦なく使ってくる。(さらに、前述の通り、新しいカードを入手するのに道のりがまた面倒だったりと) また、禁止カードが途中から使用可能になるが、CPUがそれらを容赦なく使ってくる。それらの仕様をON、OFFにできるシステムも導入してほしかった。 (ちなみに、アニメでの神のカードは、禁止カードとして使用可能になっている) あと、やりこみ要素が物足りない。 最近のゲームはそうだが、ストーリーを終えるとあとは楽しみがカード収集くらい。それも醍醐味のひとつではあるが、それに関しては致命的なミスがあり、公式サイトを見れば分かるが、あるカードが収録されておらず、入手不可能。よって、コンプリート不能。(それが気にならない人には関係ないが) また、少し前の作品なので、収録カード自体は現在よりも少なく、制限、禁止のリストも随分違う 手軽に遊戯王をしようと思うなら、買って損はない。 ただ、本格的にしたい人には最近の遊戯王のゲームを買ったほうが、カードの種類が豊富なので、そちらのほうがよいかと。
悪くないよ!
DSであれだけ楽しめるカードゲームもなかなかないと思う 3Dのモンスターもよくできてると思うしやり方もシンプルで簡単だしけっこうやりこめるゲームだと思う!遊戯王好きな人は一度やってみるといいかも!

カルドセプトDS

[ Video Game ]
カルドセプトDS

【セガ】
Nintendo DS
発売日: 2008-10-16
参考価格: 5,040 円(税込)
販売価格: 3,895 円(税込)
カルドセプトDS
カスタマー平均評価:  4.5
いたストの代わりにはならない
DSでいたストがほしかったのですが、あまりに評判が悪いので、似たソフト(?)を探して購入しました。しかし、いたストとは似ても似つかぬシロモノでした。 お金がどうこう、っていうより、ちゃんといいブック(デッキ)を組まないとどうにもならないです。「お金のとりあい」ではなく、「土地のとりあい」をするゲームです。高額の土地を奪われると、あっさり逆転されてしまいます。なので、終盤まで、マジにやらないといけません。 それを面白いと思うか、疲れると思うか…。自分は後者でしたw まったりと、お金をムシって勝ちたい。 というわけで、自分的に求めているモノとは、なんか違ったのですが。ゲームとしては、完成度が高いと思います。 株(護符)がほとんど役に立っていないのですがw カードバトルの部分がよくできていて、カードが揃ってくると、色々なコンセプトで作ってみたくなる、魅力にあふれています。
ダイスに疑問
NPCのダイスが良すぎると多々感じる。 wifi対戦前提なのかもしれないが、カードを集める「作業」が必要である以上NPC戦は避けられるわけもなく、ストレスがたまる。 カード自体はNPCに負けても入手できるが、カード入手のために1ゲーム20分強をかけ腑に落ちない負け方を何度も出来る忍耐力は自分にはありまでした。
カードゲームwwwと馬鹿にして後悔しました。
カード覚えるのが面倒くさい、ルール把握するのも面倒くさいと、元々カードゲーム嫌いでしたが、ストーリーをクリアすれば一通り覚えられ、その面倒くさいを覆す程の面白さがあります。 そして、楽しむ為の大前提として『DSをネットワークに繋げられる環境にある事』です。 すると月に2回更新される対人のランキングバトル、ランクごとに分けられた対人バトルが出来ます。 発売から結構たっているのですが、ネットでのバトルは対戦者が沢山居ます。 また、友人登録すればその友人固定の対戦部屋を作る事も出来るので、家に居ながら遠い友人とバトルができ、また友人固定の対戦部屋はDSを通してのボイスチャットが出来きますので大変盛り上がります。 モノポリーやイタスト、どかポンなどの知略、落とし入れる、ダイスゲーム、が好きな人にお勧めです。 ※ネットワークに繋げられないし、友人もカルドセプト持ってないんよ。って方はストーリーモードしか出来ないので…凄くつまらなくなりますのでお勧めしません。
まあ、解るけどね…。
コンピュータは必ず先行してゲームのペースを作りたいらしく、プレイヤーが先行する事を許してくれません。 まあ、そうしないと僅か2?30分で殆どの升が埋る事等、無い事位は分かるのですが…。 折角の考え抜かれたカード特性やゲームバランスも自ら台無しにしていますね。 DS版での対戦はしていませんので判りませんが、前版ではどうやらカードの総コストが低いプレイヤーがペースを握って居た様に感じました。 以上、あくまで私個人の感じた意見です。 その事さえ問題にしないならば、このDS版が一番カードバランスが取れてますね。 大好きなゲームだけに残念でなりませんでした。
欲をいえば
セカンド、サーガ発売後の移植でありゲームシステム自体に物足りなさを感じられる面もあるが、手軽にプレイ出来る携帯ゲーム機にだしてくれた事は有り難い限り。 欲をいえばPSPで、かつ2の移植をしてもらう事を希望。

高速カードバトル カードヒーロー

[ Video Game ]
高速カードバトル カードヒーロー

【任天堂】
Nintendo DS
発売日: 2007-12-20
参考価格: 4,800 円(税込)
販売価格: 1,698 円(税込)
高速カードバトル カードヒーロー
カスタマー平均評価:  4.5
只今1599円
この値段分の価値は間違いなくあります。 トレーディングカードには全くと言っていい程興味の無い私ですが、このソフトはとても楽しく遊べています。極個人的な問題ですが、ネット環境が整っていない我が家では、対人戦の対戦相手がいない事がツラいとこですwいっその事もう1?2本購入して、家族で楽しもうかとも思ってます惜しかった点は、カードの種類がもっと欲しかったのと、カードのデザインが個人的には魅力に欠ける、ぐらいです興味あるかたは、買って損は無いと思いますかなりの優良作ですよ
埋もれた名作
ゲームボーイアドバンス版の評価が良いのを聞いて、安くなったところで購入してみました。 カードゲームとして結構しっかりしたコンセプトとゲームバランスを持っていると思います。 CPU相手のゲームで大抵有効な速攻型デックでも、隙を見せたら容赦がなく、なかなか苦戦させてくれる程よいAIです。 操作も、カードをタッチし、スライドさせ配置するという直感的な物で、ゲームルールも最初は2枚で勝負する簡単な物から、 4枚配置、さらにはマスターの参戦と段階的に覚えて行け、それぞれのルールでトーナメントが個別に行われます。 登場するNPCキャラクターがどれも個性的で、対戦前後に有るプレイヤーとの数行のやり取りが、面白くて必見。 残念なのは、見慣れた今でこそ愛着も湧くものの、カードモンスターのキャラクターが、魅力的とは言えない所。 これがポケモンだと、売れ方もまた違ったのでしょう まさに埋もれた名作だと思います。
将棋に近いかな?
前作経験者です。 はじめに言っておくとこのゲームは面白いと思います。 しかし、不満点があります。それを書きたいと思います。 その不満点とはカードの種類の少なさです。 今回カードの種類は増えたのですがその割には使えそうなカードが少ないです。 ワイルドブル、ダークホール、ガンプなどはスピードルールでは利用価値がありますが、普通のマスターありのルールでは利用価値があまりありません。それならそれでスピードルール専用のカードと割り切ればいいですが、元々ダークホールとガンプは前作ではジュニアルール以降でもそれなりに使えそうなカードだったです。それなのに消費石が増えたために(おそらくスピードルールでは術の効果が強すぎるからだと思いますが)ジュニアルール以降のルールで使いにくくなり、カードの種類が減った気分です。 また、今回追加されたカードの中、例えばダロス、ファントム、聖天ソフィアスなど、明らかにメリットよりデメリットの方が多そうなカードがあること。 他にも、デスシープの特殊能力が強すぎていささかゲームバランスを崩してしまっていること。逆にデスシープの劣化版(?)であるゴーストシープは特殊能力があまりにも使えないなどといったことがあります。 もちろん、いい面もあります。エレスピナー(前作のエレゴマ)が星8のカードになったこと。このカードは前作唯一のバランスブレイカーだったのでこの修正は正しかったと思います。あと、アサシン(前作のシゴトニン)のHPが4になったこと。前作ではGB内では使えなかったシトラスとマスターチェンジが使えること。デスチェーンやヒートロンなどの新カードは出来が良く、戦略の幅が広がりました。 しかしやはり、プロルールでガチンコ対決しようとするとどうしても似通ったデッキになりがちです。一応、ある程度の変化や差別化はできますが、多種多様なデッキというのは作りにくいゲームになってます(そのぶんゲームバランスはとれている)。自分も極めるほどにはやり尽くしていないので「それは違う」という声もあるかもしれませんが、中級者、少なくとも初心者は使えそうなカードの選択幅が狭すぎます。 自分としてはカードヒーローは将棋に近いゲームだと思ってます。数ある決まりきった駒をいかに有効に活用して試合を進めていくか?理詰めが物を言うゲームです。運の要素は少ししかありません。そういうのが好きな方は買われてはいかがでしょうか?
ストーリー短いけど、激安なので買いだと思う
カードゲームは初めてでしたが、丁寧な説明があり、ストーリーをこなしていけば、5種類くらいのゲームのやり方が全部わかるようになります。 カードを集めるのが楽しみだと思うのですが、カードの種類が少ないと思いました。 カードが倍くらいあれば、もっとすごいゲームになったのではないかと思います。 対戦前にちょとした会話があるのですが、意味不明なものばかりで、何が言いたいのかわからないことが多かったです。 このへんも評価が低い原因だと思います。 つまらないということはないので、興味があれば買ってみると楽しめると思います。
めちゃくちゃハマった。
RPGの要素をバッサリ切って、シンプルにカードゲームの面白さのみを突き詰めているのが凄く良い。 今までカードゲームはした事が無かったけど、ストーリーモードが凄く良く出来ていて無理なく覚えられた。簡単な物から複雑な物まで4つのルールが存在しているので、一から十まで完璧に仕組みを把握しなくても、しっかりと遊べるように出来ている。  一度でも闘えば自動的に相手のデッキがシュミレーターに保存されて、後でそのデッキを使ったコンピューターと闘えるようになる。  それはいいんだけど、このゲームが発売されてから大分経っているので、今はwifiを繋げてもまったく対戦相手がみつからない。 だから他人のデッキをもらう事すら難しい。 だからデッキをwifi上に保存できて、それを皆が自由に出し入れできるようになってたらもっと良かった。   このゲームの醍醐味は未知のデッキを推測して攻略していく事にあると思うので、たくさんのデッキがダウンロード出来る環境が整っていたら、もっと良かったと思う。  

三国志大戦・天 アーケード出陣パック 同梱版

[ Video Game ]
三国志大戦・天 アーケード出陣パック 同梱版

【セガ】
Nintendo DS
発売日: 2008-08-07
参考価格: 6,615 円(税込)
販売価格: 5,474 円(税込)
三国志大戦・天 アーケード出陣パック 同梱版
カスタマー平均評価:  4
前作からジャンプアップ
前作は、画面の使い方も正直使い難かったのですが、今回は上下画面もとてもつかいやすくて楽しんでます。アーケードゲームはちょっとハードルが高いのと、三国志が全然判らないのでDSでこつこつ・・・・とおもってやってます。 三国志がわかるというより、自分の戦い方のくせがわかって、そういうところも楽しめます☆
ゲームは難しいものほど燃える、という人にオススメ
・元々三国志が好きというだけで、こういうカードゲームはアーケード版含め全くやったことのない初心者だったのですが、DSなら気軽にできるかも…と思って購入してみました。 とりあえず、昨今のゲームのなかではかなり「難しい」部類に入ると思います。 製作側もそれを意識しているのかチュートリアルはものすごく丁寧なつくりになっているのですが、それでも慣れるまでは操作に戸惑って、勝てるはずの試合に負けることもしばしば… 強いカードを揃えても一筋縄にはいきません。 けれどそれは、裏をかえせばこのゲームが実に奥深いものであることの証左でもあると思います。 特に対人戦は最初のうちは連戦連敗を覚悟しなければなりませんが、それだけに勝利 できたときの達成感は非常に大きいです。 ただ、本当に難しいので、慣れるまで耐える自信のない方や、息抜きに軽く楽しめるゲームが したい、という方には正直オススメできません… あと、最後に三国志好きとしての視点からも一言付け足させて頂くと、カード集めが地味に 楽しいです。好きな武将が出てきて、しかもそれが好みの絵柄・声だったりするとそれだけで テンション上がります。たとえステータス的に弱くてもついついそのカードばかり使って しまいたくなったり… ただ、大分独自のキャラづけがなされていますので(たとえば軍師の鳳雛先生がやたら美形で 若かったりします。あれには流石に吃驚しました…)キャラもの化した、二次創作的三国志が お好きでない方は違和感を覚えてしまうかもしれません。
自由度の無い1人用モードとバグ蔓延のwifi対戦
アーケードの再現度はかなりのもの。 1プレーの料金が高いゲームなので、DSで手軽に出来るのは嬉しいところ。 ですが、ストレスになってしまう部分が多いのが問題です。 COMは動きがワンパターンな上、1人用のメインともいえる戦略モードは COM側がコストオーバーしているのが当たり前・ 大技の計略が使えないデッキにしざるを得ないことが多い、といった理由で 本来の三国志大戦の楽しみ方が出来ません。 そのため、本格的にプレーするためにはwifiに飛び込むしかないのですが、 タッチペンでは操作がしづらい、かつ、ある弓部隊の計略にバグがあるために 弓がほとんどでほとんど自分から仕掛けようとしないデッキが多く、 展開の広がりに乏しい作業ゲーになりがちです。 また切断対策としてマナーレベルというものがありますが、 レベルが下がっても簡単に回復してしまうため、全く役に立っていません。 結局実質的なデメリットは負けが一つ付くだけで、 切断されるのが当たり前の状況です。 特定の相手との対戦を拒否する機能があれば少しは違うんでしょうけど。 wifiでなく直接ワイヤレス対戦ができる友人がいれば上記のような 問題はないですし(性格がねじけているなら話は別ですが;)、 ガチで戦ったりネタで戦ったりと十分盛り上がれます。 反対に回りに同じゲームをするがいない人にはあまりオススメできません。
かなり良い出来
前作に比べて、切断時のペナルティのおかげで、切断されることがかなり少なくなりました。 また、重ねることができなくなったため、バランスもなかなか良くなっていると思います。前作に比べてかなりアーケードに忠実で、さりげなく調整しているのも、とても好感が持てます。 ただ問題点は、軍が全体に散らばるとカメラが全体表示の状態になってしまい、突撃などの距離感がつかみにくくなってしまっているのが残念です。 これは自分のだけかもしれませんが、回線エラー結構切れてしまう気がします。
前作よりは・・
前作『三国志大戦DS』であった 「槍兵リンクによる槍撃」なんていう三すくみを無視した仕様にうんざりしたのと、 WiFi対戦でのマナー違反に呆れかえったのが 今回の「マナーレベル搭載&武功の減少」という仕様変更で幾分かましになったのだろうと思います(前作のこともありWiFi対戦せずオフラインのみ) ベースが三国志大戦3Ver3.02ということで リアルでプレイしているのであまり違和感なくできましたが不満も少々・・ 1・カードが「三国志大戦3」での新規排出(EX含む)+DSオリジナルカードのみの為、 デッキ内容が決まってしまう。 (「三国志大戦2」のカードの内、使用可能の分が排出停止になってるのが反映されているため、『最後の業火の周瑜』などが入手不能である) 2・カードの入手が「戦略の章」のループで複数枚手にはいるため、事務的になってしまう。 ある意味WiFi対戦メインなのかな?とおもったりします。

ナンプレ10000問

[ Video Game ]
ナンプレ10000問

【サクセス】
Nintendo DS
発売日: 2007-03-08
参考価格: 2,940 円(税込)
販売価格: 2,796 円(税込)
ナンプレ10000問
カスタマー平均評価:  2.5
問題数は多いけど・・・
他のナンプレソフトに比べて、画面や操作性があまりよくない。 DSで折角の2画面なのに、問題が表示されるのはタッチできる画面のみで 上画面は関係ない絵がでている。 それに仮置きの文字が見づらく、しかもその下に数字を入力すると 仮置き数字で隠れてしまい、なんの数字を入力したか見えにくかったりする。 せめて上画面には、仮置きが反映していない問題画面が欲しかった。 なにせ問題画面が小さくて目が疲れる。 問題数が他のソフトに比べてべらぼうに多いのは評価するけど、それだけですね。
脳トレの便乗?
正直、最近のこういう類のゲームは脳トレのブームに便乗しているだけのような気がする。 とは言うもの、ナンプレ(ナンバープレース)を扱うゲームは非常に珍しい。 なので、星3つ。 収録問題はタイトルどおり10000問。 永遠に遊んでいられそうなゲームであることは間違いないだろう。

桃太郎電鉄DS TOKYO&JAPAN

[ Video Game ]
桃太郎電鉄DS TOKYO&JAPAN

【ハドソン】
Nintendo DS
発売日: 2007-04-26
参考価格: 5,040 円(税込)
販売価格: 入荷待ち
桃太郎電鉄DS TOKYO&JAPAN
カスタマー平均評価:  3
レビューを信じればよかった
半信半疑でしたし、こちらの方が入手が容易だったので先にこちらで遊んでました。 結構楽しんでいましたが、後から「桃鉄GBAゴールドデッキを作れ」を入手し、 遊んで比較してみてみなさんの評価が納得できました。 GBA版は役職名の変更、デッキシステム、新キャラ、カード数、その他もろもろ、 GBA版のレビューでみなさんがいろいろ書いているとおり楽しめる凝った作りになっていて、 なぜ後発のDSで同じレベル+αのシステムにできなかったのか不思議です。 DSはライトユーザーが多いから、あえて単純なつくりにしたのかもしれませんが。 タッチペンをほとんど使用しないからDSである醍醐味もあまりないし。 両方持っていますが、GBA版があればこっちはいらないかなあ。
このゲームの感想
桃太郎電鉄DSの感想 長所 ・日本全国だけでなく東京編もあった。 ・すごろくだけでなくミニゲーム(クイズなど)あった。 短所 ・プレイする年数が減った。(最大99年→最大30年) ・プレイする人数が減った。(最大4人→3人) ・日本全国編で前作にあったハワイとグアムとサイパンが省略になっていた。 となります。
随所に目立つ物足りなさ
「とりあえず売れているDSで桃鉄を出してみるか」 的なやっつけ感が否めない完成度でした。。。 タッチペンを使う必要性が、簡素なミニゲーム位に しかないのも・・・。 DSの特徴を生かしきれていないだけならまだしも、 肝心の本編がスケールダウンしまくっていたのが不 満に拍車をかけました。 ・最高30年+最大3人プレー ・カードが45種類しかないので同じカード出まくり ・物件の増資が出来ない ・平賀源内イベントが強力すぎてゲームバランスを欠く ・貧乏神&キングボンビーの悪事が単調 等々・・・。 携帯アプリ版をDS版に移植した感じです。 PS2の本シリーズ並みに増強された「TOKYO編」 を楽しみにしていたのでガッカリでした。
面白いけど
カードやボンビー、クイズやコネタも面白いのですが、 コンピューターキャラが弱過ぎてビミョ?だった。 同じところをウロウロするばかりで勝負する気がないみたい、 良く分からない行動が多いんですよ・・。 お友だちとワイワイ遊べばそれなりに面白いけど、 30年でゲームオーバーだなんて物足りなかった。
上京したての人にオススメ
これは良い。ケータイだから持ち運びも簡単だし ROMゲームだからロード時間も短い 特に東京に出てきたばかりの 人にオススメ。ゲームをやってるうちに 自然に駅名や地名や名産などが覚えられる。

パズルシリーズVOL.9 SUDOKU2 Deluxe

[ Video Game ]
パズルシリーズVOL.9 SUDOKU2 Deluxe

【ハドソン】
Nintendo DS
発売日: 2006-12-21
参考価格: 3,990 円(税込)
販売価格: 入荷待ち
パズルシリーズVOL.9 SUDOKU2 Deluxe
カスタマー平均評価:  4
ボタンも使えれば・・・
100/400問解いたところです。 基本的に数独が好きな人、興味ある人しか手に取らない本作ですが、 チュートリアルがあるので、初心者でも分かり易い作りになっています。 しかし、初心者用のチュートリアルがある割に練習問題20+やさしい20問と 40問しか「見た感じ」取っ付き易い問題がありません。 初心者の練習という位置付けが中途半端になっていると思います。 ボタン操作がマスの移動にしか使用できないのは、操作性という観点で、意外と悪いです。 (ゲーム起動当初からタッチペン操作です) せめて間違えたときにBボタンで数字の削除とか出来てもいいのでは?と思ってます。 利き手の設定はあるので、もう少し操作性向上をしてほしかったです。 (利き手を左に設定すると操作タッチパネルが左側に表示されます) 手書きでの数字認識は良好と思います。 あまり使っていませんが、自分は1度も誤認識していません。 セーブは3箇所ありますが、続きからやる場合のセーブは常に上書きです。 他セーブ箇所が選べてもメリットはありませんので、全く問題ないというか、 家族でやる場合に、間違って上書きということがないので、RPG等と違い、 良い配慮と思います。 仮置き数字マスは4数字までで、人によっては足りないかもしれません。 数独好きには良ゲーですが、初めての人には若干敷居が高いかもしれません。 解ける喜びを覚える前に、挫折感が出る可能性はあります。 (自分の両親も「本」でやっていますが、40問では慣れませんでした) 集中するゲームなので、アッという間に時間が過ぎます。 自分は、通勤時間等、時間が過ぎることを一瞬にしたいときにやっています。
ズドク
ドイツ語だとSが濁るので「ズドク」って言うんです。 "日本生まれのパズル"と言う触れ込みで数独はドイツでも大人気で、旅行中に問題本を購入したことがハマるきっかけでした。帰国後迷わずDSと本作を購入。筆記での解答中に感じる様々なわずらわしさが、DSとタッチペンの機能によってずいぶんと軽減されています。 「練習問題」が20問、「やさしい」が20問、「ふつう」が130問、「むずかしい」が230問、「超難問」が10問、と合計で約400問収録。各問の解答タイムも記録されますので、自身の記録へタイムアタックをかければ…半永久的に遊べるんじゃないでしょうか。「チュートリアル」モードがついているので初心者にとっても敷居が低いものとなっています。 問題を短時間で解答するほど多くの"星"が獲得でき、星の数に応じてボーナス機能が充実していきます。しかし難易度「ふつう」の問題を解いているあたりでエンディングが見られる星数に達してしまい、それ以後ボーナスは無し。何の見返りも無く難易度「むずかしい」の問題に取りかかるのは少し寂しい…。つまり問題の難易度と獲得星数のバランスが取れてないのが残念ですね。 問題エディットモードも搭載。私は正直良問の作り方が分からないので、もっぱら他所に掲載された問題を取り込んでいます。雑誌掲載の難問などをDSで解けるのは便利ですね。音楽はクラシックの名曲が揃えられループで流しても耳障りでない。もちろん消音も可。右利き・左利きの切り替えも可。左利きの私には嬉しい配慮です。 中毒性は極めて高し。他の有名ソフトを押しのけて、私のDSにはいつもこれが挿さってます。星5つ。
楽しいけど…
ナンプレ大好きなので充分楽しめます。が、しかし…行き詰まった時に、使用する「かりおき」機能が、数字4つしか無理なのは変です!難易度はべらぼうに高くしといて、それは辛い。数字は9つあるんですけど?(あたりまえか)PSPの「カズオ」は9つ置けましたよ?。あれもオススメです。
まだまだいける頭の体操!
盤面が大きくなったのはとても嬉しいです。以前のは目が疲れてストレスを感じていましたが、色使いも工夫されているし、無駄が無くてとても満足しています。やりだしたら止まらないのが辛いところです!
ストレス
内容はとてもいいです。難易度が高めでやりがいがあります。数独はわりと得意ですが普通モードの中盤からクリアに時間がかかるようになりました。五分以内にクリアすれば星が四つもらえます。これを一定数集めると試験問題ができるみたいです。残念なことに不満なことがあります。数字パネルをタッチして数字を入れていくんですが、パネルが小さいので7を選択しても8になったりすることが多々あります。これはタッチペンの先が太いので仕方がないですが、気が短い人はイライラするかもしれません。起動したときのロード時間は長く、起動して問題にいくまでの操作回数が多く感じます。私は前作のSUDOKUのほうがやりやすいと感じたので星三つにしました。

三国志大戦・天(通常版)

[ Video Game ]
三国志大戦・天(通常版)

【セガ】
Nintendo DS
発売日: 2008-08-07
参考価格: 6,090 円(税込)
販売価格: 4,968 円(税込)
三国志大戦・天(通常版)
カスタマー平均評価:  5
戦略・戦術を練る楽しさは抜群
アーケード版、家庭用ゲーム機含めて初めて三国志大戦をやりました。 カードを集めて云々という類のゲームでやったことがあったのはカルドセプト ぐらいの人間です。操作方法はチュートリアルがついていて詳しく教えてくれ るので、すぐに覚えることができました。また、マップ上で敵の領地を攻めて ステージクリアを目指す戦略の章、いろいろな戦略のパターンが設定されてい るCPUと対戦していく鍛錬の章があり、特に初心者の自分にとっては後者があり がたかったです。例えば、各武将の兵種と計略の使い方や組み合わせはどんな 手があるのかや相性のいい武将の組み合わせ、デッキの使い分けなど勉強にな りました。 自由度の高い将棋のような感じで、かなり面白いです。 武将(カード)集めも、コンプ魂に火がつくとののめり込んじゃいます。
前作の不満点を改善
ゲーセンカードゲームからの移植 前作で色々言われていたWi-Fi対戦の切断という行為をマナーポイントというシステムで改善 一人でも出来るモード追加で完成度は高くなっています が、まぁ カードゲット枚数や、操作性にはやや不満が残る感じですが移植ってことで仕方なくはあるのかなぁ 欲しいカードが揃うまでが七面倒で戦略モードでも淡々とCPUと回数やるのもやや苦痛 面白いには面白いですが手放しに最高とは言えない感じです
進化してます
戦略の章 - おまけモードと思わせておいてかなり楽しめます。 Wifi対戦 - マナーモード導入の成果か50戦ほどプレイしましたが切断されたのは1回だけです アーケード版と違って両手で同時にカードを動かすとか出来ませんが雰囲気は再現出来ていると思います。 ゲームセンターではやり込むと一日数万円消費するゲームですのでDSで気軽に出来るのは大変良いかと。 デッキが25個保存できたり槍を重ねる極悪技が使用出来なくなったりと前作の不満点を解消してると思います。 この調子でDS独自の進化をして欲しいゲームです。
前作よりかなり進化している
まず良くなった点を。 カード重ねが無くなった これにより、1で猛威を奮った重ね槍が出来なくなり、力押しで勝てなくなったのでテクニックの差で勝つことも出来るようになった。 デッキ保存数が25に増えた これはかなりうれしいです。実際僕は20ほどメインデッキがあるので助かりました。 計略と奥義、一騎打ちがDSのボタンに振り分けられた これも地味に役立ちます。素早い操作が必要とされる場面で誤爆する可能性がかなり減りました。 CPUが賢くなった 1のCPUは酷いものでしたが、かなり改善されています。高コストで組まれたデッキを相手にすると一回しか攻城できなかった位、そこそこ厳しい戦いになりました。 wifiで切断対策がされた これは非常にうれしかったです。1は切断する人が多くてまともに戦うことすらままならなかったので・・・ wifiに友達がログインしているかどうかの表示 やっぱり対戦するなら友達とやりたいのでうれしいです 次に少し悪いかな?と思うところを。 一騎打ちが多い 1の時もそうでしたが、多すぎです。開幕早々一騎打ちが起きるとすこし萎えます・・・ 軍師は鍛錬でしか育てられない wifiを多くプレイする僕としては残念でした。 全体で見ると前作と比べるとはるかに良くなっています。興味があれば買っても損はしないと思います。ですが、一番の魅力は対戦なのでwifiはあったほうがより楽しめます。
カードが見えにくそう・・・
前作の三国志大戦はカードが見えにくいという理由で敬遠していたのですが、今度のは何故か知らないけど欲しくなってしまいました。DSなら値段は比較的安価なのでしょうが、やっぱりカードが見えにくそう・・・。どうせならPS3で出して欲しかったな・・・。

甲虫王者ムシキング ~グレイテストチャンピオンへの道2~(「ムシキング・ジョニーマスターズカード」&「ムシキング研究所イケダ研究員特製シール」同梱)

[ Video Game ]
甲虫王者ムシキング ~グレイテストチャンピオンへの道2~(「ムシキング・ジョニーマスターズカード」&「ムシキング研究所イケダ研究員特製シール」同梱)

【セガ】
Nintendo DS
発売日: 2006-07-27
参考価格: 5,040 円(税込)
販売価格: 2,011 円(税込)
甲虫王者ムシキング ~グレイテストチャンピオンへの道2~(「ムシキング・ジョニーマスターズカード」&「ムシキング研究所イケダ研究員特製シール」同梱)
カスタマー平均評価:  4.5
本当のDS版
前作は、GBA版からの移植という感が否めなかった。 そういう意味では、待望のDSネイティブ版の登場。 圧倒的に向上したバトルシーン。アーケード版を髣髴とさせる。 付属のムシキング・ジョニーマスターズカードがどういうものなのかも楽しみ。 大きな期待をこめて、星4つです。
発売が待ち遠しいです。
息子はムシキングにアーケードゲームではまり、ゲームボーイでも楽しんでいます。今は他のゲームは全然やらないくらい楽しんでいるので、今度のも楽しめると思います。DS版の最初のは、GB版と内容が変わらないそうなので買わせませんでした。。今度のは全く違う内容なので絶対買うと言っています。DS本体も買わなくちゃいけないので大変ですが。特典もつくようなので予約するはめになりそうです。主人公の性別が選べるので女の子にもおすすめです。

1  2  3  4 
1 / 4



Copyright © 2009 ニンテンドーDS 人気ソフト. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール 4.1

 更新日 2009年7月20日 (月)  ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク
JAZZ@HOME jazzCD ニンテンドーDS 歩数系・万歩計 パスタ 腕時計 電卓 イヤホン ヘッドフォン カレンダー